092-521-4123

お知らせBlog

Blog

092-521-4123

営業時間

9:00~22:00

定休日

不定休

Home > お知らせ > 11月22日を「夫婦契約更新日」に!

カウンセラーブログ

11月22日を「夫婦契約更新日」に!

夫婦問題相談室 WiseFairy代表 夫婦問題カウンセラー 玉井洋子です。

11月22日は「いい夫婦の日」でした。

すっかり定着した記念日ですが、いつが始まりかというと・・・

いい夫婦の日の起源は、1988年に公益財団法人余暇開発センター(現・公益財団法人日本生産性本部)が
 “夫婦で余暇を楽しむライフスタイル”を提唱し制定したことがはじまりだそうです。

 

『いい夫婦パートナー・オブ・ザ・イヤー2022』

今年は、赤井英和さん・佳子さんご夫妻、竹下英さん・貴美代さんご夫妻 でした。

詳細は、『いい夫婦の日をすすめる会』ホームページをご覧ください。

https://fufu1122.com/poy/

2022パートナーオブザイヤー

 

 

さて。

夫婦問題カウンセラーとして15年目を迎えた節目として、
以前から考えていた『離婚予防』について、取り組みを始めたいと思います。

11月22日を『いい夫婦の日』としてお互いに感謝の気持ちを伝え合う。

一緒に食事をしたり、お花を贈ったり…。とても素敵なことだと思います。

 

誰もが円満で幸せな日々を送りたいと思い結婚しています。

『離婚したい』と思って結婚する人はまずいないと思うんです。

しかしながら、一年間を通して約18万5000組ほど(2021年)のご夫婦が離婚しているのです。
人数にしてみたら、約37万人(1日あたり約1000人)

 

少子化に歯止めがかからない日本。
昨年の出生数は、出生数は明治32年以来最少の81万1622人。
 主な理由として、婚姻数が減少していることが挙げられます。
約50年前と比較してみると、婚姻数は約半分、離婚数は約2倍。
夫婦の数が減ると子どもの数も減るということは否めないのです。

 

夫婦問題の相談に日々応じながら、14年間感じてきたことがあります。

「もっと早い段階で相談に来てくれたら修復できたかもしれない」

まだまだ「もったいない離婚」が多いのです。(勿論、DVなど離婚した方がいいケースもあります。)

 

そこで、『離婚予防』のために、11月22日を『夫婦契約更新日』とすることを提唱したいと思います。

夫婦として対等な関係を築いてこれただろうか。

一年に一度カウンセリングを通して振り返り、二人で契約更新の思いを共有して頂きたいのです。

一年一年振り返っていれば、お互いのズレも最小限で済みます。

 

円満な夫婦は一日にしてならず。

 

『結婚前1DAYカウンセリング』も行っていきます。詳細は別途お知らせします。

シェアするShare

ブログ一覧